女性

ほうれい線を綺麗に消す〜ツルツル美肌で美しく〜

自分に合った施術を選ぼう

美容整形

施術のいろいろ

口の両わきにくっきりと刻まれたほうれい線、グッと老けた印象を顔に与えてしまう元凶です。この憎いほうれい線を消すとしたら、もちろん美容液などでお手入れすることも大切ですが、やはり確実に消すためには整形を受けるのが一番です。整形でほうれい線を消す施術ですが、いくつか種類があります。大雑把に分けてしまうと、注入系、照射系、そしてリフトアップで、それぞれにメリットとデメリットがあるのです。ですから、施術を受ける時には、それぞれの特徴をつかんで、自分に合った施術はどのようなものか、確認しておく必要があります。注入系とは、注射によってヒアルロン酸やボトックスなどを注入することで、ほうれい線を消そうというものです。注入するだけですから時間も短時間で終わりますし、ダウンタイムも必要ありません。費用も最もリーズナブルです。その代り、持続性に欠けるので、時間が経つと元に戻ってしまいます。照射系は、ダーマクールなど特殊なレーザーを当てることで肌内部のコラーゲンを増やし、その結果ほうれい線を消すという方法です。これもダウンタイムはほとんどありませんし、身体に負担をかけませんが、やはり定期的に照射しないと状態を維持できませんので、トータルで考えると費用がかかってしまう、という難点があります。また、即効性に欠けるのも無視できません。最後にリフトアップですが、これは最も確実に、そしてしっかりとほうれい線を消すことができます。糸による方法とメスを使用したものと2種類ありますが、やはり持続性に優れているのはメスを使用したものです。ただし、失敗した場合のリスクが高いので、クリニックは慎重に選ぶ必要があります。整形もますます進化して、新しい施術法がどんどん生まれています。自分に合うものを選択し、ほうれい線の無い、若々しい表情を取り戻してください。

自分に合った施術とは何か

注射でヒアルロン酸などを注入するものから、メスで皮膚を切り、引き上げる手術まで、様々な方法があるほうれい線を消す整形ですが、自分に合った施術とはどのようなものなのでしょうか。費用やリスク、ダウンタイムなどをチェックすることも重要ですが、その前にチェックしていただきたいのが、自分の肌や骨格の状態です。一口にほうれい線と言いますが、なぜほうれい線ができているのか、その状態を考える必要があるのです。ほうれい線のことをシワと思っている方が多いですが、実は頬の筋肉や皮膚がたるみ、それが下に落ちてくることで、そこに溝が生じている場合が案外多いのです。そうしますと、その頬のたるみをそのままにただヒアルロン酸などを注入しただけでは、注入する場所や量によってはそれがたるみと共に落ちてきて、よけいに溝を強調してしまうこともあるのです。また、それならばメスを使ったリフトアップならば、完全にしっかりとほうれい線を消せるかというと、こちらは耳のところなど顔の中央部分から離れた場所にメスを入れる必要があるため、その人の骨格の状態などによっては、口の周りの皮膚を十分に引き上げられないことも時には出てきます。ですから、自分の顔の骨格や皮膚の状態、どのようにしたいかといった希望、それをしっかりと医師と相談して、自分の現状に合った施術を選ぶ必要があります。そして、もう一つ大切なことは、整形はやはり人が行うものです。リフトアップなどメスを使用する施術はもちろん、注入するだけの施術でも、医師の技術と経験が問われてくるのです。自分の納得のいくクリニックを選ぶ、これがほうれい線を消す整形を受ける際の最も重要なポイントかもしれません。

きれいになるために

女性

ほうれい線を消す方法で人気があるのがメスを入れないプチ整形の方法です。半年から1年ほどで元に戻りますので、修正することも可能です。クリニックを探す際にはしっかり自分でも調べてから選ぶことが大切になってきます。

» もっと知ろう

老け顔にならない為の方法

女性

年齢を重ねると誰でもほうれい線ができます。ほうれい線が目立つと老けた印象になりますので、若い頃から予防をすることが大事です。ほうれい線を消すためには美容整形で手術を受けることです。最近はスプリングスレッドという方法が開発されており、誰でも安心して受けられます。

» もっと知ろう

見た目年齢は変えられます

医者

ほうれい線は老化による?のたるみにより出来る鼻と口の横に出来るしわで、老け顔に見せてしまう原因の一つでもあります。ほうれい線を消す整形には切除やリフトアップだけでなくヒアルロン酸やボトックス注入などいろいろな方法があります。

» もっと知ろう

Copyright© 2015 ほうれい線を綺麗に消す〜ツルツル美肌で美しく〜All Rights Reserved.